サラスベVSジュエルレイン ガチンコ比較!

背中ニキビ用クリームとして人気の ジュエルレインサラスベを実際に使ってみて比べてみました。
比較ポイントは主にこちらです

 

 

  • デザイン・使いやすさ
  • ニキビ向け成分が入っているか
  • 保湿成分が入っているか
  • 添加物が少ないか
  • 初回の値段が安いのは?
  • 継続した時コスパが良いのは?
  • 特典や返金保証はある?

 


また、実際に使ってみて管理人が継続したいなと思ったほうを紹介しています。選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

 

まずはざっくりとスペックをそれぞれ比べてみます。

 

サラスベとジュエルレイン スペック比較表

商品名 サラスベ ジュエルレイン

初回価格 1944円 5480円
二回目以降 5292円 5480円
通常価格 7560円 6225円
容量 60g(1ヶ月分) 60g(1ヶ月分)
継続縛り 縛りなし 縛りなし
返金保証 なし 60日間
ボトル チューブ式 置き型式
成分

ティーツリー
ユーカリ
サリチル酸
プラセンタエキス

サリチル酸
グリチルリチン酸ジカリウム

無添加

鉱物油
パラベン
シリコン
合成香料
着色料
エタノール
キレート剤
紫外線吸収剤

パラベンあり
合成香料あり
アルコール(エタノールあり)

公式サイト 公式ショップ 公式ショップ

 

 

 

ざっくり比較しただけですが、手軽に買うならサラスベ・じっくり使うなら返金保証がついているジュエルレインがおすすめな感じですね。

 

それでは価格以外でもどんな違いがあるのか?2つを比較していきます。

 

 

サラスベvsジュエルレイン | デザインや使いやすいボトルはどちら?

 

サラスベもジュエルレインも同じジェル型クリームですが、入れ物のデザインが違います。
サラスベはチューブ式、ジュエルレインはボトル式になっていますね。
どちらも白いデザインで、普通の化粧品のようなので背中ニキビ用とはわかりにくくなっています。

 

可愛らしいデザインなのはジュエルレインのほうかな?
サラスベは「SARASUBE」と書いてあるだけなんである意味男前な感じです。(・∀・)

 

デザイン自体は好みの問題になりますが、私はチューブ式のサラスベのほうが持ち歩きにも便利でいいなと思いました。
旅行にももっていきやすいですしね。

 

実際につかってみると、チューブ式のサラスベのほうが、残りのジェルに直接指を触れなくて良いため衛生的に使えるかなといった印象です。

 

ジュエルレインは、指を直にボトルにいれるため、なんとなく中に雑菌が入らないか心配になってしまいました。

 

ジェルの伸びの良さを比べると、サラスベ<ジュエルレイン かな。
サラスべはオイル系が多めの配合なのか?ジュエルレインやジッテプラスと比べると、若干べたつく感じはあります。

 

香りについてはどちらも無香料なんですが、サラスベはティーツリーオイルかユーカリのオイルのおかげかさっぱりとした森のような香りがしました。

 

 

サラスベvsジュエルレイン |成分を比較

背中ニキビジェルに欲しいのは「ニキビ予防成分」と「保湿成分」ですね。
この2つの成分が入っているかどうかと、あとは無添加であるかどうかも気になりますね。

 

ニキビができている肌というのは健康な肌ではなく傷ついた状態です。
刺激のある成分が入っていると、それがきっかけで荒れてしまったりかゆくなってしまったりとなる場合もあります。

 

できれば添加物が少ないほうが、肌にとってもありがたいことです。

 

ニキビ対策成分

サラスベ ジュエルレイン

ティーツリーオイル
ユーカリオイル
サリチル酸

サリチル酸
グリチルリチン酸ジカリウム

まずサラスベにはティーツリー、ユーカリ、サリチル酸といったブツブツ対策の成分の他に、8種類の和漢も配合されています。

 

ジュエルレインにはグリチルリチン酸ジカリウムやサリチル酸といった成分が入っています。どちらもニキビ用化粧水などによく配合されている成分です。

 

両方に含まれているサリチル酸ですが、旧表示指定成分(ごくまれにアレルギーを起こすことがある特定の成分)でもあります。
気になる方は、サリチル酸が入っていないジッテプラスルフィーナの方が良いかもしれません。
(ジッテプラスとルフィーナを比べた記事はこちら

 

つづいて保湿成分

サラスベ ジュエルレイン

プラセンタエキス
ヒアルロン酸Na
スクワラン
ホホバオイル など

スクワラン
ムコ多糖
ローマカミツレエキス
オリブ油 など

サラスベにはプラセンタエキスやヒアルロン酸Na、スクワラン、ホホバオイルといった高保湿効果のオイルがしっかりはいっています。
ホホバオイルは、皮膚膜に似ていて刺激が少なくよく馴染むのが特徴です。

 

ジュエルレインにも同じくスクワランやローマカミツレエキス オリブ油といった保湿系成分が入っています。

 

オリブ油は保湿力が高いのですが、油脂はニキビの原因となるアクネ菌の餌になりやすいのがちょっと気になりました。

 

添加物の多さ比較 より低刺激なのは?

  サラスベ ジュエルレイン
パラベン なし あり
エタノール なし あり
合成香料 なし あり
紫外線吸収剤 なし --

ジュエルレインは最近リニューアルされて、配合されている成分がかわりました。

 

以前はサラスべと同じく無添加をうたっていたのですが、変更になりアルコール(エタノール)やパラベンなども使用されています。
アルコールやパラベンが悪い成分というわけではないのですが(防腐力をあげるために必要ともいえます)、かぶれやすいといった方は注意しましょうね。

 

単純に無添加度で比較すると、サラスべのほうが優秀かなという印象です。

 

 

サラスベvsジュエルレイン |値段や特典・コスパが良いのはどっち?

次に値段やコストパフォーマンスで比べてみました。

 

 

初めて買うとき安いのはどっち?(定期コース)

  サラスベ ジュエルレイン
初回価格 1944円 5480円
送料 無料 無料

初回価格は圧倒的にサラスベのほうが安いですね。定価の75%オフとなってめちゃめちゃお得感があります。

 

ただし、サラスベの二回目以降の値段は30%オフの5292円となります。

 

そうすると、続けた時に安いのはどっちか気になりますよね。

 

 

4ヶ月続けたときの価格

  サラスベ ジュエルレイン
4カ月分の値段 17,820円 21920円
1日あたり 148円 182円

 

4ヶ月続けた時の値段も、やっぱりサラスベのほうが安くなっていますね。初回が安いのが効いています。

 

サラスベもジュエルレインも、定期購入と言っても何回継続しないといけない、などの約束もないため気軽に買いやすいのがポイントです。

 

特典はあるの?

購入した時に特典があるのかどうかを比べてみます。

どちらも使い方の説明書や他のお客様の口コミなどがいっしょに入っていました。
一番違うのは、ジュエルレインの定期購入には返金保証があることです。

 

返金保証は、初回お届け希望日から60日以内、かつ肌に合わなかった(ほてりやかゆみ、赤み 痛み 腫れがある)場合、使った後でも全額返金の対応をしてくれるもの。

 

ジュエルレインは元の値段も高いため、本当に自分に合うのか心配になりますが、こういったキャンペーンを実施しているのは心強いですね。

 

今まで化粧品でかぶれやかゆみが出てしまったといった方は、返金保証がついているほうが安心できるかなと思いました

 

 

サラスベvsジュエルレイン 最終ジャッジ

同じ背中ニキビ用のジェル・クリームですが、こうやって比べてみるとちょっとずつ違いがわかりますね。

 

サラスべとジュエルレインを総合的に比較してみて

 

サラスベになりました。

 

 

私がサラスベが優れていると思った点はコチラ

 

  • チューブ式が使いやすそう
  • 無添加だしニキビにも良さそう
  • 値段がとっても安かった

チューブ式は衛生的にも良さそうだったし、ニキビにも良さそうな成分も入っている

 

しかしなんといっても、お手頃価格が魅力でした(*^^*)
初回だけとはいえ、1000円台で買えるのは試してみようかなって思えましたね。

 

 

 

初めてなら1944円 サラスベキャンペーンページはこちら

▼ ▼ ▼


 

 

 

60日間返金保証付き ジュエルレイン

▼ ▼ ▼


 

 

ガチンコ比較レビュー記事はこちら

 

一番人気のあるジッテプラス VS バランスの良いルフィーナの比較レビューはこちら

ジッテプラスvsルフィーナ ガチンコ比較レビュー!【写真あり】


 

 

 

ジッテプラス VS ジュエルレインの比較記事はこちらから読めます。

ジッテプラスVSジュエルレイン ガチンコ比較レビュー!【写真あり】


 

 

 

 

背中ニキビジェルを徹底比較!【にきびケア対策をまとめたよ(・∀・)】トップページへ戻る

関連ページ

ジッテプラスvsルフィーナ ガチンコ比較レビュー!【写真あり】
ジッテプラスとルフィーナ 良く似ている2つですが背中ニキビにはどっちが良いの? 成分、値段、使いやすさを徹底的にレビューしました
ジッテプラスVSジュエルレイン ガチンコ比較レビュー!【写真あり】
ジッテプラスとジュエルレイン 背中ニキビにはどっちが良いの? 成分、値段、使いやすさに加えて、実際に続けているのはどちらなのかを徹底的にレビューしました