背中ニキビによく処方される皮膚科の薬

ニキビ治療のために皮膚科や病院でよく処方される薬についてまとめました。
白ニキビ(初期のニキビ)に使われるものや、赤ニキビ・化膿ニキビ(かなり進行しているニキビ)に使われる薬など症状別の薬をまとめました。

 

 

アクアチムローション1%大塚製薬株式会社

 

細菌の増殖を阻害、殺菌作用を示すニューキノロン系の抗菌剤です
ニキビの治療に用いられます。
他に軟膏タイプやクリームタイプもあります

 

抗生物質のため、処方箋が必要な薬です。
炎症した赤いニキビや化膿したニキビによく処方されます。

 

※妊娠中・授乳中の方は使えません・
※副作用に塗布時の刺激感、そう痒感、発赤、潮紅、丘疹、顔面の熱感、接触皮膚炎、皮膚乾燥、ほてり感があります。

 

 

ディフェリンゲル

 

毛穴のつまりを取り除き、また抗菌薬でニキビ菌を減少、炎症を鎮める薬です。
1日1回就寝前に塗る薬です。

 

微小面ぽう(コメド)や、白ニキビ、黒ニキビに作用してニキビの進行を防いでくれます。
出来初めの白ニキビによく処方される薬です。

 

 

※妊娠中は使用ができません。
※キズが有る所は塗布を避けてください。
※外出時には日傘や日焼け止めなどを使用がおすすめです。
※副作用に乾燥、皮膚のヒリヒリ、皮膚が剥がれる(落屑)、赤くなる(紅斑)、かゆみ(そう痒感)があります。

 

 

ミノマイシン

 

テトラサイクリン系の抗生物質。内服薬(飲み薬)です。カプセルや錠剤が有ります。
殺菌作用があり、ニキビの炎症をおさえるために使用します。
ひどい赤ニキビや化膿してしまったニキビによく使用されます。

 

※妊娠中・授乳中の人は使えません。
※飲み合わせに注意してください。服用中の薬があるひとは必ず医師に報告

 

 

 

ダラシン(ダラシンTゲル ダラシンTローション)

 

ダラシンにはダラシンTゲルとダラシンTローションの二種類があります。
中の成分は違いがないそうなので、肌質によってゲルかローションが詳報されるようです。

 

ダラシンは抗生物質のため、アクネ菌を抑制して赤いニキビの炎症を押さえます。
進行した赤ニキビ、化膿ニキビによく使われています。

 

 

 

 

 

以上、皮膚科でよく処方される背中ニキビの薬でした。
抗生物質系のくすりは、長期間使い続けると耐性ができてしまうこともあります。

 

薬はニキビの炎症が酷いときに使用するもので、
使い続けるものではありません。

 

 

背中ニキビの根本的な解決には、毎日のスキンケアや生活が重要になります。
薬をうまく使って、ニキビのない肌を目指しましょう

 

次の記事>>ニキビにいい食べ物

 

背中ニキビジェルを徹底比較!【にきびケア対策をまとめたよ(・∀・)】トップページへ戻る

管理人の背中ニキビはキレイに治ったの・・!?